幸田森オフィシャルサイト

坂道

坂道

新しい家は坂道の上にあった。
あたりはまだ砂利道だった。
そこら中が空き地で、
仕切りはあったが、家が無く葉っぱがぼうぼう。
コーロギがうじゃうじゃいて、捕まえまくった。
カマキリを見つけたりするとと、コオロギを、、、。
今では書けないことをした。

徐々にあたりがアスファルトになると、坂道の様子が変わった。
遊びにいくときは、自転車のタイヤは恐ろしく回転し、
帰りは、真っすぐにには進めない、ジグザグに走るので
いったい、何倍の距離をこいでいたのだろうか?
坂の上を見るとちっとも進まないことに気が遠くなった。

太陽がチンチンにあたった、アスファルト。
ユラユラ、メラメラ立ち上がる、湯気のような蜃気楼に蝉の声。
ムっとした匂いが鼻から胸まで数秒で一杯になり。
おえーっとした気分を眉間によせて、
ペダルをこぎ、口だけで息をすることにした。

誰の家に行けば、からんから〜んと音をたてながらカルピスを頂くことができるのか?
クワガタは昼、穫れにくい。。
夜、枕にして寝た、ボールを挟んだグローブはオイルで柔らかくなったのか?
監督のノックはキツイ、、コーチのノックは怖くない。
キカイダーを本物の大きさで描きたい。
そんな紙は手にはいらない。
雨の日のカーテンは臭いからイヤだ。
登校日はもう終わったのか?
やばい、又、今年も休んだ。

ラジオ体操を今朝もサボってしまった。。

今年こそ夏休みの宿題はまとめて、、やっぱり最後にやります、。

上級生の教室は変な匂いがする。。

公園に誰が来てる?

今日の暑さでのんきなことを思い出した。


小倉の坂道

モーリー画伯 坂道  

a:1079 t:1 y:1

コメント



認証コード9216

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional