幸田森オフィシャルサイト

『 我が良き友よ』のとき。

『 我が良き友よ』のとき。

家で一番偉そうに、居間に鎮座している茶色い家具調テレビ。
ガラスでできた曲線たっぷりのブラウン管。

前髪揃え気味なのに全体はゆるくふんわりだらっと長髪。
フォークギターにラッパズボン。少しにやけた感じで
下駄を履き、歩きながら歌っている人。
テレビのドラマだったかな?そんなシーンを覚えている。
格好はふざけたような感じだったけど、真面目な内容の歌はすぐにおはこになり現在に至る。
40年も歌えるのだ。

小学5年のときに親から突然転校することを知らされ、かなり落ち込んだ。
隣りの下関からきた転校生の方言をからかったことを今更後悔し、
今度は俺の番だと最悪の宣告にうなだれた。

落ち込みながらも、、仲のいい友人との別れに
『俺とおんなじ、あの星見つめてな〜に思〜う〜〜。』
歌に乗っけて自身の中でドラマを作りあげ慰めた。

転校する前も後も、なんとか友人に恵まれた。
今もありがたいと思いつつ、
少し前のその時代が子供達には良かったのではと思う。

写真は2005年月刊プレイボーイ9月号のインタビュー。
ボブディランについて語られているムッシュかまやつさん。
私が少年のころ、いい時代を作って頂いたことに感謝して、、
今夜は空を見ながら酒でも呑もうか。。

ご冥福をお祈り申し上げます。

web© Photo Mori Koda




a:338 t:1 y:0

コメント



認証コード6026

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional