幸田森オフィシャルサイト

V.V.F 17 野苺ジャム

V.V.F 17 野苺ジャム

wild strawberry


梅雨前、5月は野苺の季節
息子とレジ袋を持って1時間、野苺を摘んだら800グラムにもなった。
そこで、500グラムをジャムにした。
経験上、野生のものは虫が気になる。
虫がつくことは自然で良いことなのだけれども。
軽く水洗い後、暫くつけておくと問題は大方解決。
今回は蟻2、3匹が、ボールの淵をてくてくと退散していった。
野苺をザルに上げ水切り、砂糖半分(125グラム)と一緒に鍋に入れる。まだ火はつけません。*2
よく混ぜて10分程置いておくと野苺から水分が出てきます。*3 *4
そこで、中火点火。 
あくが出たら取り除く。その後残りの砂糖(125グラム)を投入。 *5
トロッとなるまで煮たら一旦鍋から出してザルでこします。 *6
こしたものを更に煮詰める。いい感じになるまでアバウト。 *8


野苺ジャム作り_web


煮沸した瓶に熱いうちに投入。 *9
投入後逆さにすると、真空状態になるというが、、真意はわからずにやってみた。 *10

味は思ったよりも濃く、こしたことでジャム感が増した。
以前に煮詰めるだけの野苺ジャムは作ってみたが、あっさりしすぎていた。
砂糖は保存の意味もあるのだが、お好みで加減してみようと思う。
目安は野苺の量の半分だが、ちょっとだけ減らしてみてもいいかも、です。
このレシピならば、また作りたいと思った。
身近な季節の贅沢。朝のトーストが嬉しい。

2瓶できたが、今現在1週間保存できている。


web_野苺ジャム_02

今回はベランダ収穫ではないけれど、女子っぽく森子ベリーまとめで。w






180515_野苺_切り抜きweb







a:191 t:1 y:0

コメント



認証コード8547

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional