幸田森オフィシャルサイト

信じ、続けてゆく力

信じ、続けてゆく力

15の春、暫く緩い時間を過ごしていた。
受験からの解放、他中学の新しい顔に馴染んでいきつつ、ハルウララ。
まだ、オタクという言葉は存在していなかったが、
美術高校に入った私の目の前にはウロウロしていた。

中学時代から、ハードロック、ヘビーメタルにハマっているという友人。
街の中古レコードショップに自身の小さなコーナーを設け、
手書き解説メモを添付。いらなくなったレコードをサバいていた。
新譜LPが3000円、子供のポケッチ・マニーでは中々のお買い物。
音楽の趣味もさることながら、レコードのトレード迄行き着いていたとは、
びっくりだった。
街中に住んでいた彼を、流石、都会っ子は違うバイ。。と一目おいた。

好きなバンドの為には平日の授業もサボった。
外タレなど、大きなライブは熊本まで来てくれない。
九州の首都、福岡に行くしかなかったのだ。
大胆な行動力に感心しつつ夢中になっている、その姿は中毒患者のようにも見えた。

_MG_7937.JPG

卒業後上京。撃沈。。美大浪人暗黒時代突入。
彼と同じ予備校に通ったが、進路は少しずつ別れて行った。
暗中模索、、無知蒙昧、、魑魅魍魎、、修羅朱酒酒。。

そんな頃、彼はバンドを組み高円寺のステージに上がった。
遠い、もやのかかった薄〜〜〜ぃ記憶、、私も見に行ったらしいのだが、
29年も前の話。

そして今日、店の名前は変わったっが、同じ場所で、
若手ドラマー以外は、変わらぬメンバーで復活した。
オリジナル6曲を無事演奏しきった。
ステージから降りて来た笑顔につたわる汗を見ると、。
本気だなと感心した。

ライブハウス独特の爆音では歌詞が聞き取りづらくも、言葉以上に体に響き渡り、
途中ちょっとだけ、チューニングが怪しくも現代音楽を取り入れたのかなと?
暫く差し出された難解な音符に眉間にしわの時間もあった。

そんな些細なことではなく、全体を通して渋く迫力あるステージだった。
何よりも、続けようと思い集える根性が存在感となり現れていた。
これは撮らねばとファインダーを覗き、シャッターを切っていると
耳鳴りと地下室の籠った匂いが一瞬、29年前と重なっているように思えた。

_MG_7977.JPG
_MG_8011.JPG
_MG_7987.JPG

演奏が終わり、とりのバンドが登場。
既に客席にいた彼らに向かって呟くようにボーカルMC、、

『音楽の何かを信じているから、長く続けられて来たんでしょう?』

昨今、解を求める事が多い世の中で、信を問うとは見事。
客席まばらなこの場所に何かがあると思った。
何かがあるとは、占い師ではあるまいが、、。
インチキ占い師は直ぐに解を出す。
解に飢えた者は直ぐにインチキの餌食となる。

分からないことには、解を出す事は出来ない。
いつか分かるのか?いや分からないのか?
分からないまま追いかけ続ける。

解など要らないのだ。

福岡のコンサート見に行こうかな〜っと悩んでいた、
高校1年生の彼の笑顔を思い出す。

51−15=36 改めると怖いような数字だ。。
36年も昔から変わらず信じ、続けてゆく力に
金足農業ばりにのけぞり全力で脱帽。

_MG_7913.jpg

_MG_7974.JPG

_MG_8046.JPG

a:239 t:1 y:0

コメント



認証コード7279

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional