幸田森オフィシャルサイト

27年後に千駄ヶ谷で、、。

27年後に千駄ヶ谷で、、。

2013 年6月29日千駄ヶ谷の駅に降り立った。27年ぶり?
facebookをきっかけに、美大受験浪人をしていた場所で同窓生たちと再会する為に、、。

どんな感じだろう?

時刻が迫り不安と期待が入り乱れピークに。

どんな顔で会えばいいんだろう?。
太っちゃてるし、、。受験失敗してるし、、。
ネガティブエンジン始動、トゥルゥン、トゥットゥトゥ、、。
思い出すのも嫌な浪人時代のその場所には、
なるべく近づかないで避けていたのに、

何故来たのだろう?シャイなでたがりだから、、。
受験の勝者に会うのか、、トホホ〜。

ネガティブエンジン全開、、ブゥオ〜ンブルブゥオ〜ンファ〜ア〜ン!!イャ〜ン!

少々遅れてから皆のいる小上がりの座敷に到着。
お〜、、〜。お〜〜。である。
なんだか訳がわからないが、、 暫く照れ笑いが続いた。
正面に座る一つ上の先輩がまさに穴があくほど私を見ている。
たまらず、おしぼりで顔を隠した。

私だけ違う教室からの参加だったので、自己紹介が若干必要な感じではあったのだが、、。
懐かしい顔が7人集まった。
其処に座り、当時のことや現在のこと、
時代がアッチにこっちに飛びながら、
座席のあっちの人の話も、こっちの人の話も、、
27年の歳月はものすごい勢いで卓上の焼酎と焼き鳥の上を駆け抜けていった。

ここに座ってわかったことがあった。

はじめは動揺していたのだが、意外に早い時間帯で冷静さをとり戻し、
流れにまかせて成り行きを楽しんだ。
すると、私はずっとこの千駄ヶ谷に置き忘れていたものを、
ごく自然に拾い自分に治めたようだった。足りなかったものがすーっと戻ってきたような、、。
この地にやってきた当時の18才の自分が真っすぐ入ってきたような、、。

わだかまりが消えてゆく、、。
もやもやが消えてゆく、、。
プレッシャーが消えて行く、、。

其処に集まった人の声を聞き、話し、笑う顔を見て、妙な力が抜けていった。
ありがたいとことだと思った。

過去の自分と相当長い間、喧嘩をしていた自分がいたんだなと、、。
和解し、落ち着くとモヤモヤしたもう一人の自分が消えて無くなっていく。
映像で描いている訳ではないのだが、
何かが去った後に座っているような気分で、
とても不思議な時間だった。

27年の月日をかけて導かれたこのとき、
ここからならば、又はじめられる。

そう思えた。




奈落

     千駄ヶ谷のホームは変わってなかった。ここに来ただけで、、、あ〜あ。
     写真©幸田森

     Blog『27年前に千駄ヶ谷で、、』も是非お読みくださいませ。
     
     コチラから↓
     http://morikoda.photoclover.com/index.php?QBlog-20130415-2


a:2335 t:1 y:0

コメント

  • これからだよ!

    森ちゃんに会えてよかったよ。
    俺も、東京芸大受けること五回、ついに受からず、佐世保の玉屋デパートに就職のはずだったが、さらに四年大学生させてもらった。親にはほんと迷惑かけたよ。多浪生だったから、ずっとお山の大将でいたのに、会社に就職するなり、5、6才年下の先輩?に、タメ口、命令されて、ドタマにきつつ、社会を知った。浪人時代の仲間は、カッコつけてるひまもなかったから、ほんとハダカで何でも話せたよね。今も変わらず自然に話せて嬉しいよ。あれから三十年近くたった。いろんなことがあって、すいもあまいも知った今、そう、みんな、これからだよ!


  • Re: これからだよ!

    >>1
    岸川さん、よくぞ、散り散りの人々を集めてくれました。Facebookがあるとはいえ驚きの能力です。私も岸川さんが入り口にいたのでその気になりました。岸川さんも私も太郎。。『みんな これからだよ!』確かに、自分なりに精進あるのみです。30年近く熟成された酒の味がたまりませんでしたね。じんわりとした刺激で、、。次やるときは又色々な人が来ると面白くなりそうですね。
    また、会いましょう楽しみにしています!


  • 東京スタートの地

    格好いいサイト持っているねぇ。文章も面白れーな~。
    千駄ヶ谷、能楽堂周辺はさすがに変わった印象だったね。そもそも「伏魔殿」(あのビルね)が無くなっていたのはちょっと残念だった…。ま、無くなっているだろうなとは思っていたが。
    田舎から上京してきた組にとって、あそこが「東京」の始まりであり云わば中心だったよね。
    また機会をつくってオッサン・オバチャンで一杯やりましょう!


  • Re: 東京スタートの地

    >>3
    河合さんメッセージをありがとうございます。嬉しかったです。『伏魔殿』はおそらく地下に潜り、、ちょっと能楽堂よりの、、それから、復活の日を待っていて、、。あの頃の事務の方がたも今でも受付などで働いている。という妄想を。。おっちゃん、あばちゃんで吞んで、それから多分おかまちゃんの所にまたいくと思います。又、遊んでやってくださ〜い。




認証コード7594

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional